時々、自転車で大阪城を回るのだが、いつも大体回るコースが決まっています。
 OBPから川を渡り大阪城ホールの横を通ります。そして、左に曲がって森之宮方面に走り、噴水を半周して外堀に沿っていきます。追手門学院が見えてきたら左折して、京橋口から今度は、内堀に沿って走ります。梅林の横のなだらかな長い坂を上って天守閣についたら休憩です。そして、北側の山里丸を回ってから、天守閣をでて、梅林の坂を下って帰るというコースです。
 これから、紅葉の季節になると楽しみなのが、天守閣から山里丸に下りるところにある琉球櫨の木です。
枝ぶりよくて緑の葉がみごとに赤くなります。
 まだ、赤くはなっていませんでしたが、この木を描いている方にお会いしました。いつも、どこかで木や花を描いてらっしゃいます。梅の季節は、梅林のところでよくお見かけします。
 いつもなら、この時期は、中ノ島のバラを描いていらっしゃるようですが、今年は、剪定の時期が遅かったためまだ咲いていないということで、こちらにこられたようです。
 最初に下地の色を塗ってから描く書き方で、下地の色がまた、個性的。緑の木を見ながら紅葉で色づいた時をイメージして描いてらっしゃいました。

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)