昨日は、親戚に不幸があり、葬式に参列しに福井県まで行きました。地域によって言葉や習慣がちがうように、葬式もこまかい点で違いがあります。
 まず、びっくりしたのは、お通夜の時間が午後6時からと早い事です。たまたま、会場で、葬儀が重なったため、もうひとつの方は、なんと、午後5時からの通夜でした。
 通夜が早いように葬式もはやく、午前10時、開式でした。
 葬式では、焼香順を読み上げられるのですが、香典を持ってこられた方すべてのお名前を読み上げるようで、司会の方が、ずいぶん長い間読み上げされていました。
 葬式が終わると、斎場に行った後、食事が振舞われ、大きな袋にいっぱいの手土産までいただきます。
ただ、伝統的な風習も、時代にあわせて改めていこうということでしょうか、会館の中に「改めませんか・高額な香典返し」というタイトルで、6割返しを改めていったらとよびかけるポスターが貼られていました。

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)