子供が中学になってから、塾に行かせることになった。きっかけは、知り合いの勧めである。
できれば良い学校に行ってほしいと思うのは、親として当然だ。
 しかし、学校が終わってからまた、勉強に行かせ、無理をして良い学校にいくというのはどうかなと思う。自分自身がそんな経験がないので、当然かもしれないが。
 先日、懇談があったので、塾の先生とお話させていただいた。この塾では、「目標は、志望校合格。目的は社会で活躍できる人づくり」をモットーに子どもたちを指導しているという。こういう姿勢で指導してもらえるのなら安心して任せられると思った。
単に受験のための勉強ではなく、目標をもたせるための教育もしている。目標が明確になれば、今勉強することの意味がわかり、意欲的に取り組むようになる、ということだ。
 今年で2年目、子供は、学校と塾の生活になれてきたのか、はじめは、いやいやということもあったが、最近は、ぼちぼち意欲的にとりくめるようになってきた。塾の指導方針が効いてきたのだろうか。
 盆休みには、自由参加の3日間の特訓があるのだが、自分から行くと言い出した。
勉強にこだわるのではないが、自分からやる気をだしてできることがあるというのは良いことだと思う。
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)