今日は、運送会社のトラックが、日ごろは入ってこない商店街に面した路地まで、入ってきた。
どうしたのかというと、商店街内の店への商品搬入のため。
 普段は、商品搬入は、商店が開店する前の時間帯に店頭に車を横付けにして搬入するのだが、
オープンを直前に控えているので、トラック数台に分けて搬入となり、商店街路が通行規制の時間帯に
なったあとに着いたトラックはやむなく店から最短距離にある路地から搬入することにしたようだ。
 このドライバー、後に当店に寄ったのだが、事情を聞いてみると新しくオープンする、商店街内の100円ショップへの納入とわかった。
そういうと、7月初旬から内外装工事をはじめ工期は2週間の予定と聞いていた。
開店まで、残された日数は数日。
ドライバーによると今日1日で2トントラック1台分の商品を納入したという。
かさは、ランドセルにすると約650個ぐらいとなる。
 これを1日で商品整理するらしい。大変な作業だ。
 100円ショップは、かさの割りに金額がはらない。商品アイテム、数量とも相当な量を陳列しても在庫金額はしれている。改装前の店は繁昌していたので、これだけの商品を入れても毎日商品を追加しないといけないのだろう。

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)