商店街を歩いていると、鰻の蒲焼を一日貸し店舗で販売していた。
今日は、土用の丑の日。
土用とは立春、立夏、立秋、立冬の前の18日を表す雑節。
夏の土用は、7月20日から立秋の8月7日まで。
その期間中で、丑の日を特に土用の丑の日としてうなぎを食べるようになったのは、江戸時代の平賀源内の発案によるらしい。
 「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という言い伝えから、うなぎ屋の販売促進のアイデアをだしたということだ。
 うなぎの蒲焼きは、良質なたんぱく質と脂質に加え、ビタミンAやB、E、カルシウム、鉄分などを含み栄養バランスがよいことから、夏のスタミナ源として食べるのは理にかなっているようだ。
しかし、これをヒントにすれば、うどん、うめぼし、うり、牛と他の食材を扱う店でも販促に使えそうだ。
 また、土用の丑の日に海水浴や川遊びなどを行うと夏の間病気しないとか、お灸をすえると効く、とかいわれているようだ。
 今日は、うなぎは食べなかったがプールに行ったので、夏の間病気はしないだろう。

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)