1999年に買った富士通BIBLO ウインドウズ98のノートパソコンがほったらかしになっていた。
XPマシンを買ったのがきっかけでそちらにデータを乗り換えて使うようになったからだ。
 しかし、このXPマシンを使っていてどうもおかしな動作をするソフトが見つかった。
以前に紹介したことのある、朝刊太郎というソフトだ。
ワードなどワープロソフトで縦書きの原稿を作るのは非常にむすかしいが、このソフトを使うと新聞が簡単に作成できるので気に入っている。
 ところが、このソフトの作者ふくながさん、お忙しいのかウインドウズ98のバージョンからバージョンアップされていない。
もしかすると、この朝刊太郎は、ウインドウズ95、98専用のソフトなのでXPマシンで動かすとおかしな動作をするのかもしれない。
そこで、ほったらかしにしていた富士通BIBLOの登場となった。
どうせ使うならハードディスクもさらの状態にしたほうがいいので、ふりだしにもどすことにした。
専用のフロッピィディスクとCDROMを使って悪戦苦闘しながらも完了。非常に動きが良くなった。
データのやり取りは、USBフラッシュメモリを使えばOK。サポート終了のウインドウズ98搭載マシンでもネットにさえつながなければいつまでも、現役で使えそうだ。

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)