久しぶりにステレオを接続したら、昔のレコードを聞いてみたくなるものです。
クラシックの中でも交響曲が好きだったので、ブラームス、ベートーベン、モーツァルト、マーラー、ブルックナー、ドヴォルザーク等のレコードは揃っています。意外だったのが、ジャズのレコードも結構あったこと。
目にとまったのがオイゲンキケロのショパンジャズ。
オイゲンキケロというとクラシックをジャズ風にアレンジして人気を博したピアニスト。
すばらしいテクニックで聞かせる華麗なる大円舞曲は、今でも聞いてみると新鮮でした。
これからは時々聞こうと思うと心配になるのが、レコード針。
CDとちがってレコードの場合、溝にレコード針が接して音がでます。したがって針は長時間聞いているうちに消耗するものです。
 今付いているカートリッジは結構使い込んだもの。そろそろ針の交換時期がきていると思います。
付いているカートリッジはオーディオテクニカ製。
オーディオテクニカのホームページによると修理可能なカートリッジの品番リストがありました。
そこで、うちにあるカートリッジを見てみるのですが、どこにも品番が表示されていません。
はたして交換ができるのでしょうか。
問い合わせてみるしかない。
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)