インターネットのページを見たりするのに使われているブラウザで最大シェアを誇っているのはマイクロソフトの「Internet Explorer」、第2位は非営利団体Mozilla Foundationの「Firefox」となっています。
 どちらもソフトの利用料をとっているわけでもありません。マイクロソフトは他から収益をあげられるとしてもMozilla Foundationはどのようして収益をあげているのかは興味のあるところ。
最近発表された2007年度の決算報告書によると、Firefoxなどから得られた2007年度売上高は「約71億円(7500万ドル)」とのこと。
GIGAZINEによると、

総収入
7500万ドル(約71億円):昨年の2006年度は6700万ドルだったので12%アップ
・収益のカラクリ
Firefoxの右上にある検索ウインドウによる売上がほとんど。Firefoxを開発しているMozilla財団はGoogleと契約しており、 Firefoxで検索してGoogleに人が行くと、見返りとしていくらかのお金がGoogleから支払われるという仕組み。この契約は本来、2008年11月で終わる予定だったのですがさらに延長され、2011年11月まで契約は続行されるそうです。さらにオンラインでアフィリエイトプログラムを運営しており、Mozilla Storeなどからも収益を得ているとのこと。

 アフィリエイトでこんなにも稼げるのかとびっくりですが、2007年度の利用者が4890万人ということなので、1人あたり検索ウインドウからの売上協力?を年間145円すれば実現してしまう数字。
今年は、2008年10月でFirefoxの利用者が6770万人になっているというからさらに収益が拡大しそうです。
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)