学生の頃、英語の勉強で英和辞典をよく引いたものです。調べた単語には、赤ボールペンでアンダーラインを入れました。また、利用するにつて手垢でページの真ん中あたりが黒ずんで来ました。
 辞書と向き合った成果が、しだいに目に見える形となってくることにより英語に対して自信ができたものです。
 こういうやり方より、もっと目に見える成果がわかりやすいのが辞書に付箋をはるという方法。
 現在、約350の小学校で、調べた言葉に付(ふ)箋(せん)をはる「辞書引き学習」というユニークな学習法が実施されているようです。
産経新聞の記事によると

「辞書引き学習」を考案したのは立命館小学校(京都市)の深谷圭助校長。
「この学習法は知的好奇心を身に付けるのに役立つ。遊び感覚でやる気を引き出し、やればやるだけ自信にもつながる」と話す。

 付箋だったら、ちょっと調べだすと、辞書はすぐに見た目がにぎやかになり、小学生にとってはもっと調べて付箋をはろうという気になることでしょう。
 
 
 
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)