先日、特殊清掃業の方から、保護具の問い合わせがありました。
特殊清掃と言っても、どういう清掃なのか?またどんな危険物質を防護したいのか?がわからないとアドバイスのしようがありません。
 どんな物質と問い返すと言いにくそうにしていましたが、死体の処理で、危険物質は、ウィルスや細菌ということでした。
 こんな場合には、鳥インフルエンザの時に鶏の殺処分時にも利用されたタイベック防護服、N95マスクが妥当と考えられます。
 そこで、タイベック防護服、マスク、ゴーグル、手袋、シューズカバーがセットになったICK-3感染症対策キットが最適と推奨しました。
 業者の方によると、このような作業は今までも何度も経験されているようで、細菌もさることながら、臭いをなんとかしたいということです。
 N95マスクでは、粉塵や細菌にたいしては、一定の効果は期待できますが、腐敗臭等のガスについてはほとんど効果がないように思います。
ガスに対しては、やはり防毒マスクです。ところで、防毒マスクの場合肝心なのは、ガスに対応した吸収缶をつけること。
 腐敗臭に対応するのは、硫化水素用?、アンモニア用?...判断がむずかしいので、メーカーに尋ねてみると、有機ガス用がおすすめということです。
 有機ガス用吸収缶は結構広範囲に有効なのですね。
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)