今日は定休日。雨だったので車で買い物に出かけました。夕方の時間帯で買い物客が多く駐車場も満車状態でした。
 買い物した物を車につんでいると隣の車が突然発進。びっくりして良くみると黒のプリウス。エンジンをかけなくても動き出すのですね。
 最近はハイブリッド車の比率が高くなってきているので注意が必要だなと思っていたら、やはり国交省では以前からこの問題を重く見ていたようです。
エンジンに似た音を出す装置取り付けをメーカーに求めるガイドラインを1月に発表し、今日その装置を装着して走行実験をしたようです。

日本経済新聞
によると

国交省が1月に発表した設置基準のガイドラインによると、装置が出す音はサイレン、動物の鳴き声、風の音など誤認を招く種類を除外。トヨタはモーターの回転に似た電子音にうねりをつけ、日産は複数の電子音を混ぜるなど、聞き取りやすさと不快感の軽減を両立させるよう工夫した。いずれも加速に応じ高音になり、停車すればやむ。

 ということで参加者の感想では、 エンジンの音とはちがった印象で慣れは必要だがそれなりの効果が期待できそうということ。
 ハイブリッド車には絶対必要な装備で設置の義務化をしてほしいと思います。
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)