NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」気に入って見ています。
主人公村井茂が雄玄社の別冊少年ランドに掲載した「テレビくん」がマンガ賞を受賞し飛躍の第一歩を踏み出したところまでドラマが進みました。
ドラマに出てくる村井茂は、水木しげる。
雄玄社の別冊少年ランドは講談社の別冊少年マガジン。
受賞作品はドラマと同じ「テレビくん」
というように実際にモデルのあるドラマ。
人生の転機となった「テレビくん」がどんな作品だったのかは興味のあるところ。
 当時は、子供だったのでマンガ雑誌はよく読んでいたのですが、小学館の少年サンデー。
少年マガジンはなじみがなかったのでテレビくんも読んだことがありません。
 そこで、いろいろと調べて見ると、残念ながら当時の「別冊少年マガジン」は探せませんでした。
 しかし、文春文庫の「60年代傑作集マンガ黄金時代」という本の中に収録されているとのこと。1986年に発刊されたもので中古しかありませんが、さっそく購入しました。
 ドラマの中で村上弘明が演じる、深沢が創刊した「ゼタ」のモデルとなった「ガロ」に掲載された作品も多数掲載されており、ドラマを深く味わうには最適です。

20100717.jpg
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)