今朝、午前8時30分にマグニチュード7.6の大地震発生との想定で災害訓練がありました。
まずは、避難場所に行き受付で町会名氏名を記入することから訓練が始まります。
安否確認を確実に行うことが、すばやい救助作業に移るためには大切なことらしい。
 その後は、消防署の方の指導のもと、
●救命のための心臓マッサージの方法とAEDの使用方法
●けが人の安全な場所への移動方法
●三角巾の利用方法
を訓練しました。
 災害訓練は、何度か受けていますが、しばらくすると忘れてしまうので定期的に聞いておく必要があります。
 けが人等意識がしっかりしていない人を運ぶのは体重以上に重さを感じてむずかしい事。
担架があれば比較的簡単ですが、道具がなにもないとなると数人で持ち上げてとなります。
しかし持ち方のコツさえつかめば、2人いればどこにでも自由に運べます。
今回は、これだけは覚えておこうと思いました。
1人は、けが人の後にまわってもちあげるのですが、写真のように、脇の下からけが人の曲げた左手を両手でつかむのがポイント。これで、しっかりと持ち上げる体勢ができます。
2人目は、けが人の右足を左足の上に乗せてから両足を抱えるようにして持ち上げます。
こうすれば楽に運ぶことができます。
201102272.jpg
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)