現在保護司をしている。主な仕事は、保護観察で、犯罪を犯した人を主に面接により更生させる。 そのためには、相手の立場に立ってコミュニケーションをとる事が重要とわかっており、実践してきたつもりだ。
 ところが、本書の中の「アクティブリスニング」を読むと、今までのやり方では不十分とわかった。
 「アクティブリスニング」とは、自分の考えを入れず相手の話を徹底的に聞くこと。
自分の意見を入れずにひたすら聞くだけ。それだけで問題をかかえた相手をよりよい方向に導けるの?と疑問に感じるかもしれないが、人には、本来問題を解決しようとする能力がある。相手に親身になって聞くことにより、相手の能力を引き出すという。
 具体的な「アクティブリスニング」を実践してよりよい面接に努めたい。

トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)