今日は、午後から岐阜県美濃市の中学生が修学旅行でうちの商店街に商人体験をしにきました。
 販売用ツールとしてテーブル、のぼり、ハッピを用意しているのですが、今回の中学生たちはオリジナルのオレンジ色ハッピを持ってきていました。
 美濃市は和紙とうだつの町ということで持ってきた商品も和紙が中心。今まであまりみかけない商品でした。
 最初は、緊張した様子で声も小さく、どうなることかと心配でしたが、そのうちに慣れてきて元気良く
販売していました。
毎回、販売が始ると覗きにいくのですが、今回目を引いたのが「和紙の靴下」
~新鮮な履き心地、和紙で作った靴下です~
に惹かれて買いました。

持ち帰ってみてみると
この靴下は、良質は麻(アパカ)を主原料として、当社独自の抄紙技術により作り上げた紙(和紙)を基材としております。
漉き上げた紙を細くスリットしたのち、撚りをかけて糸にして編み上げました。

ということです。
原材料は、指定外繊維(これが和紙ですね)、綿、ポリエステル、ポリウレタンと混紡になってますが、手ざわりは普通の靴下よりサラッとしているように思います。
20130529.jpg
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)