今日は、今年度2回目の保護司研修会でした。テーマは、薬物事犯者の処遇について。
平成28年度には刑の一部の執行猶予制度の施行が控えています。「薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部の執行猶予に関する法律」により累犯者でも実刑でなく保護観察付執行猶予に付されることがあるとのこと。つまり、薬物事犯者の長期間保護観察が増え、保護司の負担が増える可能性があるということ。
そこで、今回はこのテーマで研修となりました。
薬物依存と薬物乱用について
保護観察所での薬物依存対象者に対する対応、特に「覚せい剤事犯者処遇プログラム」についての説明は参考になりました。
休憩をはさんで具体的な事例をもとにグループ討議。4班に分かれて事例への対応を30分ほどかけて話し合います。その後各事例についてグループごとに発表。保護観察官より講評。薬物事犯者によりそう保護観察のあり方を再確認しました。

20150916

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)