昨日は、クルマの定期点検でした。1泊での点検だったので代車を用意してくれました。
今回用意してくれたのがなんと新車のN-BOX。
 最近のクルマは進化しているんですね。今乗っているクルマと勝手がちがうので営業マンがいろいろ説明してくれます。
キーは差し込まなくてもボタンひとつでエンジンを掛けられる、サイドブレーキはフットブレーキの横にあるなど....。
 でも一番の目玉は、「シティブレーキアクティブシステム」というもの。
駐車場でブレーキとアクセルを踏み間違えて壁に衝突なんて事故が防げる装置。フロント天井についたセンサーでコントロールするようです。
試してみるなんてことはでいませんが、営業所でやってみたところ壁の寸前でとまったとのこと。
ここで、営業マンがひとことアドバイス。
「全方4m以内に障害物があるとアクセルがききにくくなる。交差点で右折するなど、車間を狭く取って走る場合にはとまったり警報音がなる事があるかもしれないが故障ではないですよ。」
えっ!交差点で立ち往生したら大変!うまく運転できるかなとちょっと不安になりました。

おそるおそる運転しました。
信号待ちしていると突然エンストしてドキッとさせられましたが、故障ではないのですね今のクルマは。昨日、今日と二日ともシティブレーキアクティブシステムで立ち往生することもなく、無事に往復できました。

天井高は非常に高くリアシートの足元もゆったりとれていて、室内はとても軽自動車とは思えない広さです。バック時のモニターは見やすくなっているし安全で普段乗りには便利そうです。

20160131

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)