桜門

 桜門から、本丸の大阪城を望む。
豊臣時代にも本丸の正門は、桜門と呼ばれていた。
桜の馬場という地名も知られている。おそらく、この付近に桜の並木があったと思われる。
 桜門は、徳川時代の本丸再築の寛永3年(1626年)に築かれたが、明治維新の城中大火(1868年)
で消失した。現在のものはその後明治20年(1887年)に再築されたものである。
 なお、門の両側の塀は明治維新のときに消失したままになっていたものを、昭和44年(1969年)の桜門修理の際、復元されたものである。
<大阪城案内掲示板より>
 20070108-022.jpg
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です