昨日、鼓笛隊後援会の会合があった。
 この後援会は、子どもたちに音楽のすばらしさを体験させようということで、地域の役員をはじめ、PTA役員経験者を中心に、物心両面にわたって、援助していこうと10年前に設立された。
 会長には、地域ではこの人をおいて他にはいないというほどの人徳のある方が就任され現在にいたっている。
 こういう方だから、他にもいろんなお役目がまわってきて、非常に多忙なご様子。このたび、退任したいとのことでの会合だった。
 こんな方のあとだから、次の引き受け手が見つからない。そこで、後任人事もさることながら、基本的な会の運営面を見直していき、会長にばかり負担がいかないような運営を検討することになった。
 この会議には、鼓笛隊の実務担当者も出席しており、驚くべきことが分った。
 この隊は、学校施設を利用して活動しているが、学校管理職によって、対応の温度差があるということだ。つまり、隊の活動に理解をしめしてくれる管理職もいれば無関心の管理職もいたということである。
 在任期間中は、無事に職務を果たすためには、できるだけ、関わらなくてもいいことは関わらないようにしようという処世術がしみついているのだろう。
 しかし、自分の学校の生徒がお世話になっており、地域でも後援会を組織しているほどの隊の活動に対して、もっと理解と協力がほしいものである。
 
 
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)