Google Earth のフライトシュミレーター

 Google Earth 最新バージョンには、フライトシュミレーターの機能があるという。
さっそく、ダウンロードして試してみた。
 上空からよっていって関空のあたりで地図を傾け空が見える状態にして、ctrl+alt+Aのキーを押すと
フライトシュミレーターの窓が開く。
飛行機は、F16ジェット戦闘機かSR22プロペラ機が選べる。
空港もブエノスアイレス、クライストチャーチ、ロサンゼルス等あらかじめ30箇所弱登録してある。
もちろん自分の好きな場所からも離陸できる。
飛行機の操縦は、こちらの説明の通り。読んでもあまりよくわからない。
試しに、なじみのある関空から大阪城のあたりまで飛んでみようとした。
なかなか思うように操縦できない。ついつい操縦不能になって墜落してしまう。
でも大丈夫。
飛行機が墜落しました。飛行を再開する場合は、墜落現場の上空から飛行状態に戻ります。
とある。
上空からの飛行状態で再開すると、本当に空を飛んでいるような気分になる。
しかし、ちょっと方向がちがうということで、操作しだすと、墜落してしまう。
結局大阪城上空まではたどり着けなかった。
しかたがないので、大阪城上空でフライトシュミレーターを開始して飛ばしてみた。
20070901.jpg

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です