「1日30分」を続けなさい

 時々、家内の実家から息子に本が届く。
ガンダム系のものが多いが時々ドラゴン桜とか勉強に役立ちそうな物も送ってきてくださる。
最近いただいた中に、「1日30分」を続けなさい 古市幸雄 マガジンハウスという本があった。
朝の番組で最近のベストセラーになっているということで、さっそく、読んでみた。
 著者は、大学卒業後に、MBA、TOEIC980点中学高校の教員免許、マイクロソフト認定システムエンジニア、サンマイクロシステムズ認定JAVAプログラマなど様々な資格を身につけたという。
 社会人になってからの勉強法を具体的にわかりやすく解説している。
 その中で、気になったのは、英語の勉強法だ。
長年、英語を勉強しているのになかなか英語力が身につかない。
著者も、TOEICで高得点をとっても現場で満足に英語が使えないという経験をしたようだ。その理由は、勉強の質がずれていることに気づき、勉強の質をかえたという。
ネイティブの人たちが使っている英語は、be動詞、take、get、make等簡単な単語のフレーズを使って会話をしている。
そこで、ネイティブが多用するフレーズを丸暗記することを勉強の中心にしたようだ。
その他、具体的な方法が書かれてあった。
この通りに実践すればなんとか英語を物にできそうな気になってきた。
1日30分続けてみよう。

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です