USBフラッシュメモリ

 先日、キーホルダーにつけて持ち歩いていた、USBフラッシュメモリが潰れた。
潰れたというよりなくなったという方が正確だ。
なくしたUSBメモリは機械部分をプラスチックカバーを接着して覆っていたのだが、この接着が外れて、2つになってしまった。
そのため中の機械部分がどこかへいってしまったのだ。
別に大切なデータが入っていたわけではないので、なくなっても問題はない。
しかし、パソコン間のデータ移動など、使いだしたら結構便利で、なくなると困ってしまった。
今度は、頑丈そうなHAGIWARA SYS-COMのLumitasにした。
以前は、256MBだったが、今回は、1GB。それでも以前に買ったものとほぼ同じ価格。
安くなったものだ。
以前の機種は、買ってそれほどたたないうちにUSB接続部分のキャップがなくなってしまった。
今回のは、キャップ部分が以前のものよりしっかり固定できるようだ。
しかし、パソコンに挿すときは、キャップをはずすので、うっかりするとなくしてしまう可能性もある。
このLumitasは、本体とキャップの両方に穴があいているので、両方に紐をとおしておけば
少々不恰好だが、まずなくなることはない。
 そこで、目立ちにくいテグスを使い、もやい結びで結びつけて完了。
20070911-043.jpg

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です