防毒マスクの作業環境

 お客様から、時々防毒マスクについてのお問い合わせがある。
 有毒ガスの防護でも、作業環境は、お客様によって、ガスの種類、濃度、作業時間等条件は、まちまちだ。
防毒マスクは、有害ガスがただよう空間で、その有害成分を吸収缶に吸着させ安全な空気を吸うので、吸収缶の性能以上のガス濃度の場合は、当然使用できない。
こういう場合は、ホースで新鮮な空気をおくる送気マスクまたは、空気ボンベを背負う空気呼吸器というものを利用しないといけない。
つまり、防毒マスクが使用できる条件は限定的となる。
そこで、安全に使用していただくため、使用できる条件を詳細に案内させてもらっている。
防毒マスクの使用できる作業環境は以下の通り
1.酸素濃度が18%以上の環境
2.常温、常湿、常圧の環境
そして、ちょっとむずかしいのが
3.環境空気中の有毒ガスの平均濃度が基準値以下であること。
この計算が
1.半面型マスクと全面型マスク
2.作業時間30分までとそれ以上
の2条件で変化する。

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です