昨日は、弟が遊びに来た。いつも、趣向をこらしたお土産を持ってきてくれる。
今回は、吹田にある、松竹堂のフルーツ餅
メロン、ぶどう、桃、パイナップル、柿と本当のフルーツを餅でつつんでいる。
写真は、秋限定の柿餅。餅の上にのっている葉は本物だ。
やわらかい餅の食感とみずみずしいフルーツが新鮮な味わい。
ひと月ほど前にも、TBSのはなまるマーケットで取り上げられていたようで、一昨日、夕方に買いに
いったら売り切れ。
昨日、開店30分前にいったらもう行列ができていたというほどの人気ぶりだそうだ。
パンフレットによると、
さくらんぼう(春~夏)
メロン、パイナップル(通年)
ぶどう、桃(夏)
柿(秋)
栗しぼり、ラ・フランス(秋~冬)
スウィーティ、デコポン(冬)
いちご(冬~春)
というように、季節によって品揃えが変わる。
創業明治22年の和菓子さんだから当然フルーツ餅だけでなく、きんつばやどら焼き、最中も扱ってる。
萬里丘という最中、ユニークな竹の子の形をしている。これもおいしそうだ。
20070924-014.jpg

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)