最近、パソコンの調子がおかしい。ウインドウの枠がうまく表示されなかったり、使用しているフォントがうまく表示されなかったり。
 途中で、ソフトが止まってしまって、マイクロソフトからおくられてくるエラー情報を読んでみた。
タイトルは、「BIOSのアップグレードを検討してください。」
何?これ。読み進むと、
クラッシュの原因を分析したところ、このコンピュータの基本入出力システム(BIOS)のシステムバージョンがコンピュータに装着されているプロセッサ(CPU)の仕様にあっていないことが分りました。......
そして、追加情報として、
重要:BIOSのバージョンをアップグレードするには高度なトラブルシューティング技術が必要です。この手順に不安がある場合は、有料のテクニカルサポートに相談することをご検討ください。
と書いてあった。いやな予感。
とりあえず、メーカーサポートに連絡すると、
何かのソフトをインストールした時にBIOSが変わってしまったようで、XPでは、原因のある直前の状態に戻す方法があるが、これでも修復は不可能という。
つまり、買った時の状態にもどしなさいということだ。
やっぱりそうか。
今日一日かけてデータのバックアップを行った。
そして、このパソコンで動かしていた重要なソフトを代わりのパソコンにインストールして、やっと、準備完了。
 これから、システムの再インストールを開始する。
うまくいけばいいのだが。

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)