朝の読書

27日から読書週間というこだが、新聞の調査によると国民の本離れが定着しているようだ。
息子は、意外と本好きな方。
もともと、本好きだったが、小学校で「朝の読書」が始まったのもきっかけのひとつのようだ。
朝の読書とは何かというと、授業開始前の15分間にクラス全員で、自分の好きな本を読むという、ただそれだけのこと。
朝の読書推進協議会という組織があり、この運動を全国的に広めている。
 このホームページによると、朝の読書を毎日続けることにより、実施した学校から、「子どもたちに落ち着きが出てきた」「遅刻が減少した」「不登校やいじめがなくなった」や「学級崩壊を立て直すことができた」等々、想像を超える効果が報告されているようだ。
 息子の通っていた小学校が、この取り組みを始めたのが私がPTA役員をしていた時だったので、この時間帯にどんな様子か見に行ったことがある。
 低学年のクラスでも、ほとんどの子供が静かに本を読んでいるのを見て感心したものだ。
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)

「朝の読書」への2件のフィードバック

  1. 朝読書、私の勤務先の中学校でも毎学期1ヶ月実施しています。
    全校生徒が朝の出席確認後、担任も一緒に15分間読書をするという形態。
    普段は朝学習といって、学習プリントや漢字ドリルをしているのですが、この朝読書の期間だけは日課を5分遅らせて、読書に取り組みます。
    中学生でも本当に静かに読んでいますよ。
    ただ、自分で読む本を用意できない生徒もいて、そんな生徒には担任が家にある手ごろな本を持っていて教室に置き、自由に読ませています。
    私も、息子達(今は大学生ですが)が読んでいた本を持っていっています。
    本当に活字離れが叫ばれる中、もっともっと本に接していって欲しいですね。

  2. ペコちゃんの学校でも実施されているのですね。息子の通っている学校では、残念ながら実施していないようです。
     朝の読書のページで、全国都道府県別実施率がでていますが、大阪は結構低い方で、小学校49%、中学校46%となっています。
     先日、全国学力テストの結果が公表されていましたが、秋田県が、小学生の正答率全国一、中学生も好成績と紹介されていました。そこで、秋田県の朝の読書実施率はと調べてみると、小学校94%、中学校87%になっていました。
     読む力というのは、基本中の基本。
     全国学力テストの成績と朝の読書実施率は正比例するのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です