今日は、登記簿謄本を取るため、久しぶりに法務局に行きました。
申請書を書こうと入っていくとなにか景色がかわっていました。
申請書を書くためのスペースが小さくなり、銀行のキャッシュコーナーのような機械が新しく設置してありました。そして、数人の人が並んでいました。
職員の人によく聞いてみると、従来のように申請書を書く方式も利用できますが、この機械を利用すると申請書を書かなくても謄本申請ができるということです。
面白そうなので機械を利用してみることにしました。
申請をするにあたっては、印鑑カード、印鑑を事前に持って言ったのですが、何もいりませんでした。
申請完了すると、レジのレシートのような紙がでてきて必要登記印紙代金が書かれています。
この用紙にかかれた金額の登記印紙を買って、受付で謄本と引き換えるというやり方です。
印紙販売所で該当金額の印紙を買おうとしていると、なんと窓口でもう名前を呼んでいます。
待ち時間0!!
 昔は、午前中に申請書を提出して、午後から出来上がりということもありました。
ずいぶん便利になったものです。
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)