使いきりカメラ

 使いきりカメラは、1980年代に富士写真フイルム(現富士フイルムホールディングス)が「写ルンです」という名前で発売したのが最初です。
 手軽に撮影できるのがうけて急速に普及していったのですが、最近は、デジタルカメラ、携帯電話のカメラにおされて人気がなくなってきているようです。
 日本経済新聞社の報道によると、8月から「使い切り」タイプのデジタルカメラが発売されるそうです。

有効画素数は約300万画素で、防水機能付きも用意。メモリー容量は27枚と50枚撮りの2種類で、うまく撮れなかった写真は消去して撮り直しできる。撮り終えたデジカメはプラザクリエイトの店に持ち込み一枚37円でプリントする。焼き増し用の画像データもCDでもらえる。

 有効画素数が約300万画素ということだから、L版に伸ばすのがやっとというとこで画質はあまり期待できそうではないようです。
 このカメラはプラザクリエイトで販売するということなので、従来の使いきりカメラのように近所の写真屋さんで見かけることはないのでしょう。
プラザクリエイトは業界最大手で全国に1200店舗あるようですが、大阪市内ではあまり見かけません。
ホームページで調べてみても市内にはなんと9軒しかないようで、近所にはありません。
 どんなものか見てみたい気もしますが、あまり目にする機会がなさそうです。
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です