更生保護制度施行60周年

 昭和24年7月に犯罪者予防更生法が施行され更生保護制度が発足して、今年で60周年を迎えました。
 しかし、この制度の源は、静岡県で金原明善、川村嬌一郎によって設立された出獄人保護会社にあるということです。
 この会社の設立のきっかけは、静岡刑務所の一人の受刑者。それも多くの看守がほとほと手を焼くほどの問題受刑者。当時この刑務所の副所長をしていた川村嬌一郎は、この問題受刑者に熱心に訓戒しました。そしてこの受刑者は、10年の刑期を終えて川村副所長に「今後は道をはずれることは誓ってしません」と約束して喜んでふるさとに帰りました。
 しかし、父母は他界し、妻は他人の妻になっていました。村内の親戚を尋ねても断られ、派出所に行くと「出所者に手をかけるわけにはいかない」と言われたという。
 川村副所長と約束があるので、悪事を働くわけにも行かず遺書を残して自殺したということです。
 これがきっかけとなり、川村嬌一郎は、地元の事業家金原明善に刑務所を出所した者を社会の中でしっかり保護するための団体の必要性を訴え、協力を要請してこの会社が設立されたということです。
 明治21年2月のことなので更生保護制度が施行されるよりさらに60年も前のこと。こんな大昔に、こういう会社が、しかも民間人の手によって設立されたというのは驚くべきことです。
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です