会計処理用のパソコンに電源を入れると「深刻なエラーから回復しました」というメッセージが出だしたのが今年の初め。
 回復したのならいいかと思っていたら数日後から事務処理の途中で突然シャットダウンしだしました。
 原因を探ってもはっきりしません。疑わしいのは、ネットに接続しているからでは、ということになりました。
 最近は、ガンブラーというおそろしい物もはやっているようだしこの際、会計用はネット接続せず、独立したパソコンにすることにしようということになりました。
 ここで問題になるのが、eTAXとeLTAX。これはどうしてもネット接続しないと利用できません。これまでは、会計用ということでまとめていたのですが、仕方なく、別のパソコンにインストールすることにしました。
 両ソフトを使用するには、まず、電子署名をしないといけないので、ICカードリーダの接続から始めます。
それから、ソフトのインストール。
 準備が整ったので先月末までに申告しなければならなかった償却資産の申告を開始。書類を書き終えて送信をしようとするとどうしても電子署名ができません。
オンラインマニュアルを読んでも解決できないので直接電話で聞くことにした。
幸いなことに、一発でつながりました。(最初に導入した時は電話がつながらず困り果てたのですが。)
2,3質問に答えると、公的認証用の利用者クライアントソフトが抜けていることが判明しました。
公的認証サービスポータルサイトに詳細が書いてありました。
ICカードリーダーのドライバインストールだけでは、不十分だったのですね。
このソフトをインストールすると無事に電子署名できるようになり、事務処理完了。
これで、スムーズに仕事ができそうです。
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)