ネット上で地図を見ようとすると、まず思い浮かぶのはGoogleマップ。住所を入力すれば一瞬のうちに目的地を示してくれ、場所によっては、上からの写真のほかストリートビューも見られるので、非常にわかりやすい。
 
 しかし、Googleマップも完全なものかというとそうでもない。うちの商店街の中はストリートビューもないし、お店情報など一部店名が表示される程度。しかも、閉店した店名が掲載されていたり、最近開店した店は載っていなかったり。最新情報に変えられたらと思ってもそれは無理というもの。
 ところが、地図を閲覧する人が共同で編集できる、地図のウィキペディアというべきサービスがあるようです。その名は、OpenstreetMapです。
Tech Chrunch によると、

OpenStreetMapの貢献者の数はここ数年着実に増えている。1年前にはデータを加えたり編集したりする人は11万人だったが、今日では 24万5千人だ。平均して1時間に7千件の編集がデータに対して行われている。
プロジェクトのスタートは2004年だから、まだ新しい。しかしデータのほとんどは最近の2年で加えられたものだ。ドイツの例なんかすごくて、 2007年には単なる真っ白なキャンバスだったが、今ではほかのどんな地図サービスよりも断然詳しい地図になっている。ユーザが一般的に関心を持ちそうなものはすべて載っているし(木を加えたユーザもいる)、道路も水路も非常に詳しい。

 これを使えばいつでも最新版のタウンマップが出来そうです。
 
 
トクラホームページ
防護服.COMホーム
ブログランキング・にほんブログ村へ

The following two tabs change content below.

土蔵 康司

代表取締役トクラ商事株式会社
大阪、京橋の婦人服店を経営しています。2階で防護服のネット通販サイト防護服.COMも運営しています。  婦人服と防護服という意外な組み合わせで、新聞、テレビなどから取材が

最新記事 by 土蔵 康司 (全て見る)